ご訪問ありがとうございます。 
 
 
 
プレシャス・マミートレーナーで 
元・怒りんぼかーさんの 
やまだともこです。 
 
 
 
 
前にどこかの記事で 
 
逆上がりのできない女の子と 
一生懸命に指導をする 
担任の先生の話を読みました。 
 
 
何日も 
何週間も 
先生が熱心に指導をして 

 
 
やっと逆上がりが 
できるようになったーーー!!! 
 
 
「やったー!」 
「やったーーー!!」 
 
 
女の子と先生は 
一緒に喜んだんだそうです。 
 
 
 
そのあとに 
女の子が言った一言は 
 
 
 
 
 
 
 
 
もうこれで 
練習しなくて済むんだね! 
 
 
 
 
 
 
という言葉でした。 
 
 
 
というお話。 
 
 
         
 あなたは 
これを読んでどう思った?         
ね。  
「できる」ようになることを 
誰もが純粋に喜ぶわけじゃ 
ないんだよ。 
 
 
 
どうしてそんなに 
できることに 
こだわるの? 
 
 
できない人がいるから 
できる人が貢献できるし 
 
 
できない人がいるから 
できる人が「できるんだ」って 
いうことがわかったり。 
 
 
 
できないことがあるから 
できることに気がついたり 
 
 
 
嫌いなものがあるから 
好きを大切にしたくなったり。 
 
 
 
そういうもんだよ。 
 
 
 
 
 
 

 
子どもの「できない」だって 
 
それは 
他の何かが 
できるようになった 
成長の証。 
 
 
赤ちゃんのときは 
もっともっと 
なんにも 
できなかったじゃんか。 
 
 
 
 
 
「できない」あなただって 
すばらしいよ。 
 
 
それがあるから 
「できる」が際立ったり 
 
 
そこが伸びシロになったり。 
 
 
 
そもそも 
笑顔のママでいるために 
それって必要なの? 
 
 
 
笑顔のママでいることを 
大切にするあなたの方が 
 
 
 
私はずっとずっと 
 
 
 
ステキだと思うよ♡ 
 
 
 

これは 
2016/01/28にメルマガで配信した内容です。

やまだともこの開講スケジュール 子育てのヒミツをメールで受け取る