ご訪問ありがとうございます。
 
 
 
プレシャス・マミートレーナーで 
元・怒りんぼかーさんの 
やまだともこです。 
 
 
 
『やまだともこに聞け!』 
vol.5 
 
新潟県のきむちさんからの 
ご質問です。 
 
 

 
この間、TVで 
子どもの天才を育てる?ような 
内容でやってました。 
 
ほんの少し見ただけですが、 
その中で 
 
子どもに「ダメ」とは 
言ってはいけない。 
(危険なこと以外) 
と言っていました。 
 
正直、毎日ダメダメだらけです。 
 
気を付けて言い換えるように 
注意してますが、 
 
オモチャを欲しがったり、 
ご飯よりおやつが良いと言ったり、 
 
そういうときは何と言えば良いでしょうか。 
 
ダメ以外で何と言えばうまく伝わりますか。 

 
 

 
きむちさん、 
ありがとうございます♡ 
 
 
きむちさんの 
お子ちゃんへの愛情が 
ヒシヒシと伝わってきます♪ 
 
 
 
「ダメ」って、、 
言っちゃうよねーー。 
 
うんうん。 
 
 
 
でもね 
 
「ダメ」と言わない方が 
いいと思うなら 
 
少し考えてみてください。 
 
 
 
おもちゃを欲しがるのは 
どうしてダメなの? 
 
 
ご飯よりおやつがいいって 
言うのは 
本当に、ダメなの? 
 
 
 
 
それって 
本当にダメなこと? 
 
 
 
「いいよ」って言える 
タイミングは、いつ? 
 
 
 
 
 
 
しっかり考えて。 
 
 
 
しっかり、考えて。 
 
 
 
 
だって、、、 
○○なんだもん・・・ 
 
って 
 
 
 
 
なんか、出てきた? 
 
 
 
たとえば 
 
せっかく作ったご飯だから 
いっぱい食べて 
ほしいんだもん。 
 
 
そんな気持ちだったりした? 
 
 
 
そしたらさ 
 
それを言えばいいよ。 
 
 
 
せっかく作ったご飯だから 
いっぱい食べてくれたら 
うれしいんだ。 
 
 
 
おやつは3時に食べようよ。 
明日のお楽しみー♪ 
 
 
 
みたいなね♪ 
 
 
 
そんなふうに考えると 
 
きっと 
 
たいていのことはきっと 
「ダメ」では、ない。( ´艸`) 
 
 
 
 

 
「ダメ」の奥には 
 
悲しい気持ち 
がっかりな気持ち 
さみしい気持ちが 
 
入ってる。 
 
 
 
悲しい気持ち 
がっかりな気持ち 
さみしい気持ちが 
 
満たされると 
 
嬉しくなる。 
 
 
 
「ダメ!」が出たら 
 
なんでダメなのか 
考えてみてよ。 
 
 
 
それは 
 
 
ママが自分の気持ちを 
大切にするってこと。 
 
 
 
ママが自分自身を 
大切にするってこと。 
 
 
 
 
あなたがいつも 
 
「うれしいなー。」 
 
っていう言葉で 
お子ちゃんに接してたら 
 
 
すっごく笑顔のママ!! 
 
だよねーー♪( ´ー`)ノ 
 
 
 

これは 
2016/04/18にメルマガで配信した内容です。

やまだともこの開講スケジュール 子育てのヒミツをメールで受け取る