3人きょうだいの子育てでイライラしっぱなし。娘から「クソババァ」と思われていた私が、3か月で「お母さん、やさしくなったね。」と言われた子育てのヒミツ公開中♡

年別アーカイブ: 2018

「動く」が大事

ビジネスでも子育てでも共通するところがあって、それはなりたい自分に近づくためには「動く」っていうことが大切!!っていうこと。

やまだともこに聞け!vol.6(嫌いな子は誰?と聞かれた)

滋賀県のkさんからのご質問。「嫌いな子は誰?と聞かれた」です。上の娘(新5年生)の子のことです。娘の鞄の中を見ると娘とお友達の交換日記がありました。お友達のページに、この中で嫌いな人は誰?○をつけてね。とクラスの子の名前が書いてありました。

やまだともこに聞け!vol.5(「ダメ」を伝える)

新潟県のきむちさんからのご質問です。「TVで子どもに『ダメ』と言ってはいけない。(危険なこと以外)とありました。正直、毎日ダメダメだらけです。気を付けて言い換えるように注意してますが、オモチャを欲しがったり、ご飯よりおやつが良いと言ったり、そういうときは何と言えば良いでしょうか。」

心強い仲間ができる

eラーニングの講座も私のコーチングセッションも受けてくれていて長野にもプレシャス・マミーを!ってすごくすごく強い気持ちで長野に私たちを呼んでくれたさよちゃんの想い。

ゲームの時間を守っちゃったら悲しい!

「ママのイライラはいらない。子どものYESを引き出す王道ルート」を開講しました。このセミナーはとにかく「ワクワクすること」を一番大切にしています。

褒め褒めタイム

私のセミナーを受けたことにない人によく言われる言葉があって「悩んでいるママの話を聞くって疲れるでしょ?」とかね。これは申し訳ないくらいにまったく、ありません。むしろ、シアワセです♡だって今までの受講生さんでどよーんと登場してどよーんと帰っていったママはひとりもいません。

「当たり前」をつくる

私たちの「当たり前」のベースは親によって作られる。たとえば部屋がいつも片付いているか散らかっているか,パパは家事や育児を手伝うものなのかどうか,普段子どもにどんな言葉がけをするかとか。

子育ての正解

「子育てコーチングで 自分から宿題をする子に♡ 」セミナーを2か月ぶりに開講しました。 このセミナーのテーマは もちろん「宿題」なんだけど 、それでは、終わりません。

やまだともこに聞け!vol.4(子どもが前向きになる声かけ術)

広島県のショコラウサギさん からのご質問です。子どもが前向きになれる、 声かけ術を教えてください。 新小1の娘。 割と器用にこなすほうですが、 ”すぐに”できないと イライラするようで。。 例えばバイオリン。 1回で弾けないと嫌だ、とか(^◇^;)

子どもの自己肯定感をUP

小学校に上がってひとりで学校にも行けるようになってひとりで朝の支度もできるようになってひとりで宿題にも 取り組めるようになって「わぁ!できるんだ!」と、ママは思う。 でも 何日かするとそれは「できるのは、あたりまえ。」に変わってしまうことがある。

1 2 3 10 »

▼無料メール講座のご登録▼
■氏名

■ メールアドレス
■都道府県
■あなたはどんなママでありたい?


 
 

 

 

【ニュース番組で特集されました】


 

 
 

 

年別アーカイブ

PAGETOP